ミタス伊勢からのお知らせやイベント情報のご案内です。

ニュース

2011年11月18日
ニュース
消防訓練

平成23年11月18日の朝8時30分から、消防訓練を実施しました。

防火、防災に対する考え方を徹底し、お客様に安全で安心してミタス伊勢をご利用していただけるよう、今後もこのような訓練を続けていきたいと考えています。

2011年10月29日
ニュース
伊勢赤十字病院新築工事竣工式

平成23年10月29日朝10時から、ミタス伊勢Aゾーンにて伊勢赤十字病院新築工事の竣工式が行われました。

式典には、病院関係者ら約350人が出席されました。

新病院は、免震構造を採用した鉄筋コンクリート造5階建で、屋上には三重県内初のヘリポートを整備されています。

平成24年1月に、山田赤十字病院から伊勢赤十字病院と名称を変更して開院する予定です。

2011年10月07日
ニュース
元気を届けようプロジェクト 仙台市長へ贈呈(その2)

「みちのくYOSAKOIまつり」実行委員会の吉田様が届けてくださいました寄せ書き等が、仙台市役所に展示閲覧されているということなので、実際に拝見してまいりました。

仙台まで行きました経緯など詳しい内容は「みたすの湯ブログ」に掲載しておりますので、そちらもよろしくお願いします

2011年08月30日
ニュース
ハンバーグ専門店「ジャックB」

ジューシーハンバーグ専門店「ジャックB」がオープンします。

9月4日(日)の午前11時よりグランドオープンです。ご期待ください!!

2011年07月15日
ニュース
元気を届けようプロジェクト 仙台市長へ贈呈

5月のゴールデンウィークに行いました、東日本復興応援イベントに参加してくださいました「みちのくYOSAKOIまつり」実行委員会の吉田様が、伊勢市長からの手紙や幼稚園児らが書いてくれた寄せ書き等を、仙台市長に届けてくださいました。

その時の写真をいただいたので、掲載させていただきます。

仙台市長 奥山恵美子様(左)と、
みちのくYOSAKOIまつり実行委員会 吉田正敏様(右)

2011年07月10日
イベント
イベントinミタス伊勢

平成23年7月10日(日)、ミタス伊勢駐車場にてイベントが開催されました。

晴天にも恵まれ、全てのイベントを執り行うことができました。

 

イベント内容

 

「愛の血液助け合い運動」月間7月1日~7月31日においてミタス伊勢での献血

例年夏季は、長期休暇などで献血の協力が得にくい為、人が多く集まる場所で献血を呼びかけたいと、三重県赤十字センター並びに三重県伊勢保険福祉事務所からの協力依頼があり行うことになりました。

同時に、伊勢保健所による薬物乱用防止のグッズ配布や、骨髄ドナー登録募集運動も実施。

主催:三重県赤十字センター

三重県伊勢保険福祉事務所

「夏の交通安全県民運動」決起集会

7月11日(月)~7月20日(水)は、夏の交通安全県民運動期間として設けられており、その前日である7月10日(日)に、決起集会を行う場の提供を求められミタス伊勢にて開催。

決起集会後に「交通安全ミニフェスタ」として、

  • 地震体験車
  • シートベルト体験車
  • ドライビングシミュレーター車
  • 子ども免許証の発行
  • 子ども警察官制服の貸出
  • パトカー、白バイ展示
  • 啓発物品の配布

などが開催されました。

主催:伊勢・度会地区交通安全協議会

フリーマーケット

伊勢志摩フリーマーケット協会(主に伊勢近辺の各地で活動)主催にて6月10日より募集を呼びかけ、ミタス伊勢駐車場(セリア・エルパス前)にて開催。

猛暑の中にも関わらず、35ブースの申込みをいただきました。(1ブース…2.5m×5m)

フリーマーケット会場周辺には、車両移動販売が2店、物販1店が出店されました。

車両移動販売

  • B級グルメ2PA9(ツーパック)による「肉巻きおにぎり」「マンゴーフラッペ」
  • 富良野メロンパンの「メロンパン」「チーズケーキ」「氷サイダー」

物販

  • いせ市民活動センター災害復興支援プロジェクトによる岩手県山田町名産品販売(チャリティー)、支援金募金箱設置

主催:伊勢志摩フリーマーケット協会

協力:ミタス伊勢

イベントタイムテーブル

 

9時00分~15時00分 フリーマーケット(露店3店舗)
10時00分~10時30分 「夏の交通安全運動」決起集会
10時30分~12時00分 交通安全ミニフェスタ
10時00分~11時30分 (前半) 献血及び骨髄ドナー募集、薬物乱用啓発
12時30分~16時00分 (後半)

 

フリーマーケットの様子

 

開催当日、午前中は少し曇もありましたが、1日を通して天候に恵まれました。

恵まれ過ぎてうだる様な暑さと日差しの中、多くのお客様に足を運んでいただきました。

最終的に出店32ブース全て出店料以上の売り上げを得る事ができ、次回のフリーマーケット開催(9月4日)にも出店を希望される方々が多くいらっしゃいました。

ミタス伊勢という場がフリーマーケットを行うのに適していると、主催側・出店者共に実感できるイベントになれたのなら幸いです。

今後も定期的にフリーマーケットの開催地として覚えていただけるように、少しでも多くの方々のご出店・ご来店を目指していきたいと思います。

 

飲食移動販売出店

 

B級グルメ 2PA9 肉巻きおにぎり

4種類の味付けが楽しめる肉巻きおにぎり。

ブームになっているおかげで、行き交う人たちも気になっているようでした。

赤いテントと白いテーブルとイス

暑さがピークを迎える正午前後には、ここで一休みされていくお客様が多くみえました。

富良野メロンパン

みたすの湯でお馴染みメロンパン屋さん。

最近は、ミタス伊勢でも出店される機会が増えてきました。

今回は、チーズケーキや氷サイダーなども販売されておりました。

岩手県山田町名産品販売

岩手県山田町と三重県伊勢市は、伊勢市が旧名「宇治山田市」という事もあり、同じ「山田」という繋がりから親交があるそうです。

山田町自体、震災による被害にはあっておりませんが、東北復興という事でチャリティーで名産品を販売する活動が行われています。

主に醤油、龍泉洞の水などが売られていました。

こういった縁日でおなじみの「ボールすくい」などがあると、なぜか和んでしまいます。

以上がフリーマーケット当日の様子です。

次回は9月4日(日)に、伊勢志摩フリーマーケット協会主催「第2回フリーマーケット」を開催いたします。

残暑厳しい中になるとは思いますが、沢山の出店のご応募をお待ちしております。

詳しくは、伊勢志摩フリーマーケット協会(080-2666-2641)までお問い合わせください。※電話での申し込み受け付けは、行っておりませんのでご注意を!

 

「夏の交通安全県民運動」決起集会

 

今年は「夏の交通安全県民運動」の決起集会が、ミタス伊勢にて行われました。

来賓一覧(順不同)

  • 伊勢市副市長
  • 伊勢警察署長
  • 伊勢地区交通安全協会会長
  • 伊勢県民センター長
  • 伊勢市交通安全母の会会長
  • パールピアホテル取締役
  • 伊勢地区交通安全推進委員協議会会長
  • みどり保育園園長
  • 伊勢市老人クラブ連合会会長
  • ミタス伊勢所長

これから、シートベルト着用や飲酒運転防止、高齢者の反射材普及などをより一層呼びかけていこう!と、「夏の交通安全県民運動」への決意を述べられていました。

みどり保育園の子供達が「マルマルモリモリ♪」を歌に合わせて可愛く踊っていました。

「周りの方々もご一緒に!」との呼びかけで、集会参加者やギャラリーも見よう見まねで踊りに参加。みどり保育園のお友達にとって、楽しい思い出となったことでしょう。

 

交通安全ミニフェスタの様子

 

子ども警察官服貸出 白バイ・パトカー展示

シートベルト効果体験車

地震体験車は、5月のミタス3周年のイベントでも見られましたが、今回はシートベルトの効果がどのくらいあるのか、JAFの方が説明し実際に体験できるコーナーもありました。

交通安全の催しは、今までも何度かミタス伊勢にて行われてきましたが、今回が一番盛況だったようです。

 

三重県赤十字血液センター・伊勢保健所による献血

 

駐車場にて献血車「宝くじ号」

赤十字血液センターと保健所の連携で行われました。

担当の方のお話によりますと、目標の50名を上回る方々に献血のご協力をいただき、骨髄ドナーの登録も数名の方々がされていかれたとのことでした。

同時に薬物乱用啓発グッズの配布も行われ、来館されたお客様の一人でも多くに「ダメ。ゼッタイ。」が広まって欲しいと思います。

 

最後に

 

7月10日当日、ミタス伊勢にお越し下さいましたお客様、猛暑の中ご参加いただきましたフリーマーケット出店者の皆様、イベント関係各所の皆様、本当にありがとうございました。

今回のイベントが無事終えられたのも、全て皆様のおかげです。今後も「多くの人に楽しんでいただける場」としてミタス伊勢ができることを励んで参りたいと思います。

 

 
2011年05月23日
ニュース
集まりました義援金についてのお知らせ

5月5日、ミタス伊勢駐車場内にて催しました、中日新聞主催「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティ・フリーマーケット」で募りました募金ですが、総額で45万564円をお預かりし、中日新聞社会事業団を通じて全額寄付致しましたことをご報告します。

みなさまの温かいお気持ちの数々、誠にありがとうございました。

2011年05月01日
ミタスまつり
ミタス伊勢3周年企画 元気を届けよう!プロジェクト

平成23年3月11日に発生した、東日本大震災により被災された皆さまには、謹んでお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

ミタス伊勢では、震災被害の大きさを考慮して、3周年感謝のお祝いイベントを変更し、「伊勢志摩のみんなで東日本を応援しよう!」をスローガンに、復興応援イベントとして開催いたしました。

1日(日)
10:00~ 餅つきと餅のふるまい
10:30~ 一之木町子供木遣り、伊勢轟曳會青年木遣りによる木遣り唄
13:00~ 地元太鼓団体による和太鼓の演奏
3日(火)
10:00~ 東邦ガス特設ブース
4日(水)
10:00~ 東邦ガス特設ブース
10:00~ 伊勢舞熱人よさこいソーラン18チーム
13:00~ みちのくYOSAKOIまつり実行委員会2チーム歓迎式典
13:40~ 伊勢舞熱人&みちYOSAよさこいソーラン18チーム
5日(木)
10:00~ チャリティフリーマーケット(中日新聞主催)/防災ブース(みえ防災ボランティア支援センター主催)
10:00~ 東邦ガス特設ブース
13:00~ チャリティーライブ

1日(日) 曇りのち雨

 

今回の趣旨は復興応援ですが、5月1日は「ミタス伊勢」3歳の誕生日です。誕生日だけはお祝いさせていただきました。朝10時から、日頃の感謝を込めて餅つきと餅のふるまいをさせていただきました。

200食分が、あっという間に完食!ありがとうございました。また来年もやりますので、ご参加ください。

餅つきに続きまして10時半から「一之木町子供木遣り」「伊勢轟曳會青年木遣り」による応援です。木遣り唄の歌詞を復興応援歌に変更して、被災地へ届け!と想いを唄に乗せて披露していただきました。

この模様はビデオに撮影して、被災地へ届けさせていただきます。

午後1時からは和太鼓の予定でしたが、あいにくの雨模様となってしまいました。太鼓にとって湿気は大敵。雨などは以ての外で、皮を駄目にしてしまいます。にもかかわらず、4団体が軒下で良いからと、復興応援のために東日本へ向けて演奏してくださいました。

4団体あわせると40個近い太鼓が勢揃いします。とても責任とれません。祈るように見守っていましたが、事なきを得て胸をなで下ろしました。

この模様はビデオに撮影して、被災地へ届けさせていただきます。

「伊勢須原太鼓」様

「おばた離宮院太鼓」様

「川端柳太鼓」様

「八日市場町蛭子太鼓」様

残念ながら雨天により中止させていただいた団体

  • 「響座」様
  • 「伊勢乃國鏡太鼓」様
  • 「伊勢古市翔龍太鼓子供連」様
  • 「玉丸城太鼓保存会」様

復興応援特設会場

中央通路に復興応援特設会場を設けました。

  • 三重県からお借りした被災地の写真を展示して、現地の状況を理解していただきました
  • 防災関係パンフレットを展示して、防災意識を啓蒙させていただきました
  • 寄せ書きコーナーを設けて応援メッセージを呼びかけました

皆さまからの寄せ書きは、被災地へ届けさせていただきます。

この特設会場はしばらくの間継続していきたいと思いますので、ぜひ寄せ書きに参加してください。

今回、皆さまからお寄せいただいた寄せ書き等は、「みちのくYOSAKOIまつり」実行委員会様を通じて、仙台市長へ送らせていただくことになりました。これを機に伊勢市と仙台市の交流が生まれることを願っております。

天井に掛かっている「がんばろう!日本」の吹き流しは、伊勢市観光協会青年部の呼びかけで仙台市青葉区の(株)三好堂さんから購入したものです。

以下、震災関係の情報を集めてみました。

デマに振り回されないように正しい情報を確認してください。

 

3日(火) 晴れ

 

本日は仙台市から遙々「みちのくYOSAKOIまつり」実行委員会様(以下、みちYOSA)と「PossoBallare?MG」(ぽっそばらぁれ?えむじー)20名、「THE!!駆波゙乱」(ざっくばらん)20名の2チームが、なんと15時間かけてご到着されました。

朝7時半に仙台駅西口を出発。途中渋滞に巻き込まれ、夜10時半無事みたすの湯に到着。

長旅、ほんとうにお疲れ様でした。

早速「みたすの湯」で一息入れていただき、軽くスタッフの打合せをして、お休みいただきました。

今回、各方面からの多大なご協力によって、実現することが出来ました。ご協力いただきました皆さまには心より感謝を申し上げます。

 

4日(水) 晴れ

「みちYOSA」ご一行様外宮参拝

手水舎にて

作法を教わりました。

とっても素敵な「伊勢なでしこ」さんに案内していただき、外宮参拝のおもてなしをさせていただきました。

御正殿にて

代表者6名にて御垣内参拝中です。

代表者以外は玉垣の外から一緒に参拝させていただきました。

神楽殿にて

東北・日本中の「YOSAKOI仲間」の“思い”をつなげ、東日本大震災からの一日も早い復興を祈念させていただきました。

別宮をお参りさせていただいて

記念撮影

この後、外宮参道を散策していただきました。

すると皆さん、しきりに酒屋さんを探している様子で…

と、いうことで

宿までの道中、宮後の岡田酒店さんに立ち寄らせていただいて試飲会となりました。東北の学生さん、本当に日本酒がお好きなようです。

頼もしい!ちなみに、大量にお買い上げありがとうございました。

ちょうどその頃、ミタス伊勢駐車場では…

よさこいソーラン午前の部まっただ中!

 

伊勢舞熱人inミタス伊勢午前の演舞18チーム

総踊り

豊夢

天戯

鷲ヶ浜蓮

神久華連

童子&磯部華になれ

颯舞

むっそうえぇ

翔舞漣

茶桜いいなん

志舞

飃~FREEDOM~

臥龍

伊勢天照連

勝山組

おわせ八天会

山添組

皇學館大学“雅”

総踊り

 

午後1時10分

いよいよ「みちYOSA」ご一行様の合流です。

伊勢須原太鼓の演奏と団旗の花道でお出迎え。

これだけの団旗がそろうと壮観であります。

手前のオレンジの衣装が「PossoBallare?MG」(ぽっそばらぁれ?えむじー)

奥の黄色の衣装が「THE!!駆波゙乱」(ざっくばらん)

伊勢轟曳會から木遣り唄のエールを送っていただきました。

今回招待した2チームをはじめ、多くの地元チームが、避難所を慰問して踊りで元気を届けてくれています。

実際我々が直接力になれることはほとんど無いと思います。それならば、本当にホントこれから現地で活躍してくれる人々の支えになりたいと思い「みちYOSA」をお招きしようと「伊勢舞熱人」と共に企画いたしました。

鈴木健一伊勢市長ごあいさつ

 

大変お忙しい中、鈴木健一伊勢市長が駆けつけてくださいました。

市長ご自身も現地(仙台市、塩竈市、名取市、多賀城市、福島市)へ出向かれた体験をふまえて、「日本のためにも皆さんの経験を生かしていただきたい」と、激励のお言葉をいただきました。

伊勢市からも支援団を派遣しています。

<人的支援>

●被災自治体支援のため職員を宮城県塩竃市へ派遣

  • 救援物資の仕分け作業など

    期間:5月8日から6月3日まで

    人員:10名(2名1組・5班)

  • 応急住宅修理の受付、内容審査、受注

    期間:5月13日から6月3日まで

    人員:4名(2名1組・4班)

●緊急消防援助隊三重県部隊として、消防士を千葉県、宮城県へ派遣(3月11日から21日まで)

●医師、看護師、薬剤師等を岩手県へ派遣(3月27日から4月1日まで)

<物的支援>

●市の備蓄物資(毛布、食糧、小児用おむつ、マスク、簡易トイレ)を発送

「みちのくYOSAKOIまつり」実行委員会事務局長 吉田様から、現地の状況と熱い思いを聞かせていただきました。

「千年に一度の大震災と言うならば、私たちは千年先の未来を見据えた東日本、そして東北をつくってまいります。この子供達が千年先、二千年先へと伝えていける素晴らしい日本を築いていくために、今日は、東北・東日本と西日本が一つになる場だと思っております。」との思いから、数あるチームの中から学生チームで臨んでいただいたそうです。

ちなみに「PossoBallare?MG」(ぽっそばらぁれ?えむじー)は、宮城学院女子大学のよさこいサークルです。メンバーは100人以上。

「THE!!駆波゙乱」(ざっくばらん)は、東北大学を核に仙台市内を中心とした元気溢れる大学生約150人で構成されています。

また、吉田様は岩手県陸前高田市の生まれで、隣は大船渡市です。

大船渡市を始め被災した漁港に、中古船を送る『べか』プロジェクトの存在を知り、なんとしてもお礼を申し上げたいと強い思いを持って伊勢へ来られました。

その思いに応えたいと「伊勢舞熱人」から「SOS運動伊勢支部北村裕司様」に連絡を取らせていただきました。そして、無理を言って所用を抜け、ミタス伊勢までお越しいただき、吉田様とお会いしていただくことができました。お二方とも大変喜んでいただけました。

北村様にはお忙しい中、大変急なお願いを聞き入れていただき、誠にありがとうございました。

有緝終幼稚園の園児さんから手作りペンダントと絵の寄せ書きを贈呈。感動の光景でした。

早速、駆け付けの総踊り。会場がせまく感じるほど踊り子さんMAX!

 

伊勢舞熱人inミタス伊勢午後の演舞18チーム

 

志舞

天戯

鷲ヶ浜蓮

むっそうえぇ

童子

翔舞漣

茶桜いいなん

皇學館大学“雅”

磯部華になれ

 

恒例の旗振り合戦

 

THE!!駆波゙乱

 

即席講習会にて、みちのくYOSAKOI総踊り「乱舞」

飃~FREEDOM~

臥龍

山添組

PossoBallare?MG

おわせ八天会

勝山組

伊勢天照連

豊夢

総踊り

閉会挨拶

 

伊勢舞熱人代表山口様から吉田様へ寄せ書き鳴子の贈呈

乗り越えよう!東日本大震災

杜の都仙台で、つながる日。

第14回みちのくYOSAKOIまつり

2011年10月8日(土)~9日(日)開催決定!!

詳しくはみちYOSAホームページをご覧ください。

当日の模様は「♪よさこいおっかけ鯛」さんのブログで素敵な写真と共に紹介されていますので、ぜひそちらも覗いてください。

5日(木) 晴れ

前日の熱気も冷めやらぬまま、みちのくご一行様をお見送りさせていただきました。

渋滞すると困るので、朝7時半に伊勢を出発されました。必ずまた会いましょうと約束をして。

そして、ミタス伊勢駐車場では…

前々からご要望の多かったフリーマーケットを開催することが出来ました。

絶好のフリマ日和で、どうなる事やら楽しみです。

1ブースの広さを2.5m×5.0m、ブース間の通路を2.5mと、かなり余裕のスペースを設けました。車椅子のお客様もゆっくりお買い物を楽しんでいただけたと思います。

みえ防災ボランティア支援センター様に参加していただき、防災ブースを設けていただきました。

本部テント

地震体験車が来てくれました。

午後からはチャリティーライブです。

studioEARLYキッズダンサー

RYU-01

TROOPER

kogakusyu翔

 

出演していただいた皆さまについて、ここで説明するまでもないでしょう。

興味のある方は検索してみてください。


2011年(平成23年)5月1日おかげさまで「ミタス伊勢」は3歳の誕生日をむかえることができました。これもひとえに地域の皆様方のご支援とご厚情の賜物と心より感謝いたしております。

そして、6月25日は「みたすの湯」の2歳の誕生日です。

今回の3周年は震災被害の甚大さから中止を検討しましたが、「伊勢志摩のみんなで東日本を応援しよう!」と、日本中が明るくなれるように、伊勢志摩から目一杯の元気をお届けしたい!被災地復興のお役に立ちたい!という地域の皆さまからの熱い想いを受けて復興応援イベントを行いました。

この思いは必ず現地に届いたでしょう。復興は長期にわたります。引き続き東日本を応援していきましょう。

そのためには我々伊勢志摩がもっと元気でなければなりません。

2012年(平成24年)5月1日、4周年の頃は新伊勢赤十字病院が開院しています。

2013年(平成25年)5月1日、5周年の頃は20年に1度の式年遷宮です。

伊勢の賑わいに乗り遅れないように、「30年後もまちの顔」を目指し、着実に歩みを進めてまいります。「ミタス伊勢」ならびに「みたすの湯」が地域に密着し、よりお役に立てる施設になれるよう、誠心誠意努力してまいります。

今後も引き続き、ご支援、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

2011年03月04日
ニュース
消防訓練

平成23年3月4日の朝8時半から、消防訓練を実施しました。

ジップドラッグ店舗から出火したと想定し、実際に火災報知器を鳴らし、管理事務所と連携して避難誘導、初期消火、別棟テナントへの通報を実施しました。

防火、防災に対する考え方を徹底し、お客様に安全で安心してミタス伊勢をご利用していただけるよう、今後もこのような訓練を続けていきたいと考えています。

2010年11月10日
ニュース
消防訓練

平成22年11月10日の朝8時半から、消防訓練を実施しました。

セリア店舗から出火したと想定し、実際に火災報知器を鳴らし、管理事務所と連携して避難誘導、初期消火、別棟テナントへの通報を実施しました。

防火、防災に対する考え方の徹底のため、今後もこのような訓練を続けていきたいと考えています。

2010年05月03日
ニュース
消防訓練

平成22年3月5日の朝8時半から、消防訓練を実施しました。

エルパス店舗から出火し、怪我人1人が発生したと想定し、管理事務所と連携し火災報知機を作動させ、避難誘導、初期消火、119番通報を実施しました。

防火、防災に対する考え方の徹底のため、今後もこのような訓練を続けていきたいと考えています。

2010年05月01日
イベント
ミタス伊勢生誕2周年を記念して

5月1日から5月9日までの期間で周年祭を行いました。

特に1日、3日、4日、9日は、地域のみなさまにご参加いただきまして、太鼓や木遣り、よさ恋ソーランを披露していただきました。

1日(土曜日)は伊勢轟曳會(いせひびきかい)様による子供木遣り、青年木遣りで1周年を祝っていただきました。

引き続き、餅つきと餅のふるまいを行いました。

3日(月曜日)、4日(火曜日)はよさ恋ソーランの演舞で盛り上げていただきました。

9日(日曜日)は伊勢轟曳會(いせひびきかい)様による太鼓と木遣りを披露していただきました。

写真は一般のお客様に飛び入り参加していただき、太鼓打ちの体験をした様子です。

スペシャルゲスト(友情出演)として「玉丸城太鼓」が駆けつけてくれました。

期間中は天気に恵まれすぎまして、外にいると倒れそうなくらい暑い日が続きました。

そんな中、「ミタス伊勢まちづくり」プロジェクトを盛り上げていただいた皆様や、日頃お買い物にご利用いただいているお客様には、心から感謝いたします。

年々賑やかさを増していけるように頑張りますので、これからもよろしくお願いいたします。

2010年04月10日
イベント
春の全国交通安全運動キャンペーン

平成22年4月10日午後1時半から3時まで、春の全国交通安全運動キャンペーンが行われました。

当日は「交通事故死ゼロを目指す日」ということで、イベントや展示を行い、交通安全を呼びかけました。

買い物途中のお客様に参加していただき、とても良い1日になったと思います。

春の全国交通安全運動とは(三重県交通安全協会様HPより引用)

【期間】平成22年4月6日(火)~4月15日(木)

【運動の基本】子どもと高齢者の交通事故防止

入学シーズンとなり子ども達の動きも活発になります。また、高齢者の事故も依然として多発しています。子どもと高齢者の交通安全意識を高めるとともに、周りの方も保護意識をもち、交通事故を防止しましょう。

【運動の重点】

(1)全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

車両に乗る全ての人がシートベルトを正しく着用し、車外放出などから自分の命を守りましょう。

(2)自転車の安全利用の促進

平成20年6月の改正道路交通法で自転車の通行等に関するルールが変更されました。自転車は車両であることを認識し、交通ルールを遵守しましょう。

(3)飲酒運転の根絶

飲酒運転は犯罪です。平成21年6月より行政処分も強化されました。ハンドルキーパー運動の推進を図り、飲酒運転を根絶しましょう。

★★4月10日(土)は交通事故死ゼロを目指す日です★★

ミタス伊勢の影響によって、周辺の交通環境が変化しています。地域の安全のため、今後も積極的に協力させていただきたいと思います。

2009年12月19日
ニュース
年末の交通安全県民運動

年末の交通安全県民運動の一環として、交通安全協会女性部の皆様による啓蒙活動が行われました。

運動の重点として、

  • 高齢者の交通事故防止
  • 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  • 飲酒運転の根絶

が掲げられています。

当日は風が強く、とても寒い日でした。皆様お疲れ様でした。

 

2009年12月01日
イベント
年末年始特別警戒取締り出発式

平成21年12月1日午後6時から「年末年始特別警戒取締り出発式」が執り行われました。

式典の後、パトカー、警備車両、警察官の方々、民間パトロールの方々が出発して行かれました。

県内では、車上狙いなどが増加しているそうで、1月10日まで特別警戒が行われるとのこと。

「ミタス伊勢まちづくり」プロジェクトが目指すのは「質の高い生活空間を”満たす”」まちづくりです。安全・安心な生活基盤を固め、共により良いまちづくりをさせていただきたいと願います。

いざ!出動!!

伊勢赤十字病院の工事現場には、ひっそりとクリスマスイルミネーションが…