「ミタス伊勢まちづくり」プロジェクト

ネーミングコンセプト

ネーミングコンセプト
ページトップへ

ゾーニング

ミタス伊勢をプロデュースする新日グループは、三重県伊勢市のほぼ中央、旧東洋紡績跡地約15.4ha(約4.6万坪)に「ミタス伊勢まちづくり」プロジェクトを計画し、これを事業化しました。

重要な都市施設を「まちなか」に集積し、地域社会の人々に、より質の高い利便性のある「生活空間」の形成を目的とした「まちなか再生」や「にぎわいの回復」を目指しました。

ミタス伊勢は、大きく3つのゾーンに区分されます。

ゾーニング
Aゾーン

南勢地区最大の伊勢赤十字病院が平成24年1月より開院しています。

Bゾーン

こちらの複合商業施設が、ミタス伊勢の中核です。食品スーパーマーケット、ホームセンター、ドラッグストア、衣料品、書籍・CD・DVD等の物販施設と 飲食店、スポーツクラブなどの施設で店舗面積約2.5万m2(約7,500坪)、駐車場約1,300台を配置して、平成20年5月1日より開業しています。

Cゾーン

伊勢市では初めてのスーパー銭湯をオープンさせ、まちづくりにオリジナリティを持たせ、更なる「にぎわいの場」にしていく計画であります。

少子高齢化の時代、まちの真ん中で全く新しい魅力のあるまちとして、地域の人々に喜ばれ、愛されるまちづくりを管理運営していきたいと考えています。

ページトップへ
トップページへ